サッカーまとめ|サカレポブログ

サカレポブログはサッカー好きの管理人が海外・Jリーグ・日本代表の最新ニュースをまとめているサイトです

Jリーグ サンフレッチェ広島

【広島】DF荒木隼人も脱帽・・。広島の堅守を崩す横浜の「スピード」

躍動感溢れる素早い攻撃というジャブを打ち続けられた。
[J1リーグ26節]横浜 3-0 広島/9月14日/ニッパツ
 
 試合前の25節終了時点では、今季の失点数18がリーグ最少で、複数失点は5回。そんな堅守を誇る広島が、横浜に今季初の3失点を喫して完敗した。
 
 広島担当記者の視点としては、正直これまではペナルティエリア内に侵入されても、そう簡単に失点するような気配はなかった。なぜなら、いつもシュートブロックには的確に入れていたし、仮にシュートを打たせてしまっても、コースを限定できているので、GK大迫敬介が容易にセーブをできていた。
 
 だが、敵地での横浜戦は勝手が違った。とても失点を喫することなく終えられそうな雰囲気はなかった。なんとか前半は無失点で乗り切れたが、いつもよりわずかに遅れたギリギリの対応が多かったからである。
 
 3バックの中央で横浜の攻撃に対応した荒木は、次のようなことを述べていた。
 
「やっぱり仲川(輝人)選手はすごくスピードがあったので、裏はすごく警戒していました。前の4人の攻撃力やスピード感は、今までやったJリーグのチームで一番あった」
 
 荒木の言う横浜の「スピード」に、広島はついていけていなかった。躍動感溢れる、素早い攻撃というジャブを打ち続けられ、67分にクロスから仲川に決められて均衡が破れた。すると、終盤には81分と84分に失点した。
 
 裏を返せば、広島の堅守を崩したその「スピード」こそが、横浜の攻撃の凄みと言っていいだろう。広島にとっては残念ではあるが、それをリーグ最少失点のチーム相手に証明できた横浜にとっては、いつも以上に価値のある“3-0”だったかもしれない。

fuk***** | 5時間前
途中からサンフレッチェが5バック気味になってスペースを埋めてきた時は、どう崩すかなぁという感じでしたが、後半途中からジャブが効いてきましたね。

マリノスは前線のスピードはもちろん、中盤でボール奪取が出来て優位に進められてるのが大きいですね。後半エリキがサイドに張るようになってそれが顕著だった。

マリノスにとっては調子のいい堅守サンフレッチェに3-0で勝てたのは大きな自信になりますね。

wpk***** | 4時間前
マリノスの超攻撃サッカーは見てて面白いよね!

最初は失点もなかなか多くて不安もあったと思うけど良い監督なんかな!

ore***** | 5時間前
前回の対戦ではマリノス対策として全く水をまかなかったとかでマリノスはほんと苦しい試合にさせられましたがピッチコンディションがよければ広島みたいな相手でも力でねじ伏せることが出来るんですね。
昨日はボスが言ってたようにベストゲームだった。

col***** | 5時間前
大人の事情があるんだろうが今の仲川は代表の右サイドのレギュラーよりも上だろう。招集してあげてほしいね。

par***** | 5時間前
仲川選手キレッキレな動きでしたね。主力選手が怪我や移籍でどうなるかと思ったけど、補強した選手もチームに慣れてきてさらにパワーアップした感じ。

kat***** | 5時間前
マリノスの前線3枚はスピードあるしDF剥せるし相手からしたら嫌な相手。おまけにセカンドボールを回収されたらその攻撃は終わらないから体力的にもきつくなってくる。マリノスの選手はめっちゃ走るし

lol***** | 3時間前
仲川は海外へ行くべき
残念だけど国内で収まる器ではない

sk3***** | 2時間前
過密日程のニッパツ三ツ沢球技場、芝生が先日の日産スタジアムみたいにならない事を祈ります。

kdi***** | 2時間前
広島のDFにそういってもらえると嬉しい。

tsu***** | 4時間前
広島の方が前半を決めれるチャンスはありましたね。2点目で気持ちが切れて、3点目のPKといらない失点が追加されて、中盤はバラバラな広島の今季のワーストゲームだったかもです。
何よりゴールキックからのターゲットが渡じゃ競合いあまり勝てないし、特に時間かけてないのに、遅延と監督と横浜サポに煽られて、村上がカード出したり、大迫がやりにくくなったのも負けの一因かと。

-Jリーグ, サンフレッチェ広島
-

Copyright© サッカーまとめ|サカレポブログ , 2020 All Rights Reserved.