サッカーまとめ|サカレポブログ

サカレポブログはサッカー好きの管理人が海外・Jリーグ・日本代表の最新ニュースをまとめているサイトです

プリメイラ・リーガ FCポルト

理由は中島翔哉の「守備面」と「態度」!?

現地時刻15日の第5節ポルティモネンセ戦(3-2)の終了直後に、FCポルトの日本代表MF中島翔哉はセルジオ・コンセイソン指揮官から激昂され、現地でも大きな話題となっている。ポルトガル紙「ABola」はその理由について、、中島のプレーに加え、プレーヤーとしての振る舞いに問題点があったと指摘している。

ポルティモネンセとの試合で、チームが2-0とリードした後半28分から中島はMFルイス・ディアスとの交代で、そのまま左サイドハーフのポジションに入った。しかし、中島投入のわずか2分後にポルトは失点。さらに同32分には、中島と同サイドでプレーしていた日本代表DF安西幸輝が攻撃参加し、カットインから左足のミドルシュートを決めて、試合が振り出しに戻った。

後半アディショナルタイムにポルトは、コーナーキックからイバン・マルカノが値千金の決勝ゴールを決めて、辛うじて3-2で勝利を収めたが、コンセイソン監督は中島のデフェンスでの貢献が欠けていたことに対し、怒りを露わにしていたと報じる媒体もあった。

中島と指揮官の喧騒について特集している「ABola」紙では、「ルイス・ディアスが安西とのインテンシティーの高いデュエルで疲弊していた」ことがまず中島投入の狙いとして指摘。安西のいる右サイドに対して、「中島にも同等の対応を期待していた」が、中島はそれに応えることができなかったのではないかと報じた。

取分け安西の得点シーンを見れば、中島がデフェンスに戻れずにポルティモネンセに大きな空間を与えていたことは明らか。「少なくともセルジオ・コンセイソンの下において、ドラゴンズ(ポルトの愛称)のファーストディフェンダーはアタッカーの選手であり、(ムサ・)マレガとゼ・ルイスはおのおのの役割を理解し、指揮官の要求もしっかりと解釈できている」というなかで、中島は指揮官の度々の指示があったにもかかわらず、要求される守備の原則をこなすことができていなかったという。

また同紙は、そうしたピッチ上でのパフォーマンスの課題だけであればここまで問題にはならなかったものの、併せて中島の選手としての振る舞いについても修正すべきところがあると言及している。

don***** | たった今
最初代表に出てきた時は今までにないタイプだなーって思ったけど、試合重ねるごとに露呈された弱点が致命的すぎる。
楽しみたいだけで嫌いな事はやりたくないって1人でできるスポーツなら良かったね。
サッカーはチームプレーなんで今のままじゃクラブでも代表でも地雷になりかねない。
25歳でこれじゃあ今から改善するのももう難しいだろうな。

hfs***** | 7分前
天然っていうか、発達障害があると思う。
そうじゃなければ、理解して守備もやるでしょう。日本の頃から。

c_r***** | 8分前
次節の起用をみてからだね

mamak | 6分前
なんか違和感がありますこの人見てると。

tea***** | 5分前
周りが騒ぎすぎ。
中島なら必ず修正してくるはず!

メッシ | 8分前
中島翔哉を救いたい

mar***** | 9分前
なんでポルトに来たんだか。

yam***** | たった今
途中出場で走らない選手、サポは気付くし好かれない。

fly***** | たった今
コンセイソンに1年前の中嶋を見せてやりたいわw

kai***** | 3分前
監督に怒られた時、なんか挙動がおかしくニヤニヤしてるのが印象的。
日々考え徹底してきた戦術をあんな感じで無視されて、はい?笑みたいな顔されたら怒るのは当然だと思う。

sar***** | 7分前
能無しメディアの妄想が止まらない。
プライドを持って真実を掴んで報道しよう。
アルバイト記者か?

aki***** | たった今
ナカジマに守備を求めても無駄だよ(笑)
それはナカジマのためにもならないしポルトのためにもならない
(笑)

apg***************** | 2分前
中島に日ごろのストレスをアンチコメントでぶつけないで
思いやれよ

yas***** | 6分前
郷に入りては郷に従ってくださいよ。

-プリメイラ・リーガ, FCポルト
-

Copyright© サッカーまとめ|サカレポブログ , 2020 All Rights Reserved.