サッカーまとめ|サカレポブログ

サカレポブログはサッカー好きの管理人が海外・Jリーグ・日本代表の最新ニュースをまとめているサイトです

海外サッカー 海外代表 リーガ・エスパニョーラ レアル・マドリード スペイン

スペイン代表DFラモスがメガネポーズで警告 「群衆を侮辱」と勘違いの主審謝罪の珍事

 スペイン代表は5日、欧州予選の第5節でルーマニアと対戦して2-1と勝利した。先制点を決めた主将DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)が“メガネポーズ”で喜びを露わにした一方、主審がイエローカードを提示し、その後にラモスへ謝罪していたという。英紙「ザ・サン」などが伝えている。

 試合は前半29分、MFダニ・セバージョス(アーセナル)がエリア内で倒されてPKを獲得。これをラモスが冷静に沈めてスペインが先制した。ゴールを決めたラモスは、両手を合わせてメガネのような形を作り、カメラやスタンドに向かってゴールセレブレーションを行った。その直後に主審がラモスに対してイエローカードを提示している。

 ラモスのメガネポーズには理由があったという。英紙「ザ・サン」は「メガネをかけている甥へのオマージュとして祝った」と言及。ラモス本人も「それは甥のためだった。彼を元気づけるため、ゴールを彼に捧げたんだ」と説明している。

 記事では「主審はラモスが群衆を侮辱していると思っていた」と言及。勘違いしていた主審が即座にイエローカードを提示したなか、ラモスは驚きを露わにして主審に抗議したが判定は覆らなかった。

 しかし、その後にラモスの意図を知った主審が謝罪したという。記事では「ゴールセレブレーションは完全に純真なものであると知った主審は、試合終了後に心からの謝罪をした」と記している。

 試合はスペインが2-1と勝利。ラモスの珍パフォーマンスかと思われたが、実際は甥への思いが込められた行為であり、主審がその後に謝罪するという珍事に注目が集まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190906-00215617-soccermzw-socc

aud***** | 1時間前
なには、ともあれ、この主審は素晴らしい。っていうのが分かった。自分のミスを試合終了後だが即座に訂正し謝罪してるところが素晴らしい。

oki***** | 3時間前
まあ普段の行いが…笑

tak***** | 1時間前
謝罪したのは素晴らしいと思うけど、イエローは取り消されたのかな?

yok***** | 28分前
誤解を招くようなパフォーマンスをしたんだから警告は適当。
その理由が何であろうと関係ない。
これを取り消したら試合が成立しなくなる。

t1a***** | 2時間前
そもそもそのメガネの甥の話は本当なのか?

imf***** | 1時間前
スペイン代表のCBって超優秀なんだけど、突飛な行動をとるよね。
ピケもしかり。
にしてもラモスかわいそうだな。
審判も謝罪したわけだし一件落着だけど。

si1***** | 2時間前
結局イエローは覆らなかったんですかね?

すかい-はい | 2時間前
ラモスは誤解されても仕方ない

hay***** | 25分前
普段の行いがそうさせたんだろう。。けど、謝罪したからヨシだろう

[man-think_right img="https://sakarepo.com/wp-content/themes/luxeritas/images/fukidashi/man-think.png" caption=""]先日の中島選手のドリブルの時もそうですが、どこで何が起きるかわからないのでパフォーマンスもよく考えてしなければなりませんね。トップチームにいれば尚更でしょうか。[/man-think_right]

-海外サッカー, 海外代表, リーガ・エスパニョーラ, レアル・マドリード, スペイン
-

Copyright© サッカーまとめ|サカレポブログ , 2020 All Rights Reserved.