サッカーまとめ|サカレポブログ

サカレポブログはサッカー好きの管理人が海外・Jリーグ・日本代表の最新ニュースをまとめているサイトです

日本代表 ワールドカップ

日本代表の新オプション?大迫&鈴木の“変則2トップ採用”の理由

 森保一監督率いる日本代表は、10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選初戦でミャンマーと対戦し、敵地で2-0と勝利した。後半途中からエースFW大迫勇也(ブレーメン)とFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)が変則2トップを形成したなか、指揮官は「チームの戦い方のオプションとなる形にチャレンジ」と意図を説明している。

 5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)と同じ11人をスタメンで送り出した日本は、序盤から主導権を握ると、前半16分にMF中島翔哉(ポルト)が強烈なミドルシュートを叩き込んだ。続く同26分、MF橋本拳人(FC東京)のくさびのパスを起点に中央から打開。最後はMF堂安律(PSV)のパスからFW南野拓実(ザルツブルク)が頭で合わせて追加点を奪った。

 後半は決定打を欠く時間が続いたなか、後半31分にトップ下の南野を下げて鈴木を投入し、大迫と鈴木が変則2トップを形成。ポストプレーを得意とする大迫がやや下がり気味となり、トップ下に近い位置でプレーしながら、時に2トップの形で相手ゴールに迫った。

 森保監督は鈴木の投入について、「武蔵と南野を代えたのは、チームとしての疲れは考慮してないですけど、試合の中でもう1点を取りに行くという姿勢でフレッシュな武蔵を入れた」と説明。また変則2トップに関しては「この試合の中でも、これまでやっていなかった、これからさらにチームの戦い方のオプションとなる形にチャレンジするという意味で、ああいう形になった」と続けている。

 ゴールが欲しい場面での新オプションとして、大迫&鈴木の変則2トップを実戦でテストしたという。結果的にゴールは生まれなかったがチャンスを作り出しており、連係が高まれば今後もこの形は見られそうだ。長いW杯予選と、その先にあるカタールW杯を見据えて、慎重派の指揮官が見せる“チャレンジ”に一層期待が懸かる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00217021-soccermzw-socc

sss***** | 6分前
武蔵には、少し下がってパスを受けた時、完全にフリーな状況でも前も向かずに後ろにパスを戻す選択をしたのを見てガッカリしたな…

kot***** | 6分前
大迫の技術は日本のFWの中でずば抜けている。
けど、大迫以外の形を考えておかないと
何かあった時に、攻め手がなくなるのではないか?
昨日のミャンマー戦でも危ないタックルを受けていたし。
その部分の不安がずっとある。

bdq***** | 4分前
良くなかった。鈴木が前線で張りっぱなしで
大迫が下がざるを得なかった。
2トップド言うより、大迫がトップ下。
鈴木はゴールを意識し過ぎて
下がろドしない。だからやむを得ず
大迫が下がりまくってた。
前半戦の南野と大迫の連携とは
まったく違う。良くない。
鈴木は、ダメ。所詮、Jレベル。
Jレベルなのに、ミャンマー相手に
恐怖心を与えられなかった。

ありがとうサンキュー | 7分前
マッチしていなよね

nao***** | 3分前
鈴木は鈴木でも優磨に期待してたんだけど・・・。

-日本代表, ワールドカップ
-, ,

Copyright© サッカーまとめ|サカレポブログ , 2020 All Rights Reserved.